万世一系は過去の礼賛、無謬論ではなく現世を縛り未来に和の普遍理念を繋ぐ美称表現

日本の皇位継承の歴史においては道鏡事件もあれば南北朝の分裂もありました。
これらは今現在でも隠蔽されることなく皇統・皇位継承議論における基本的な要素として捉えられています。 ... 続きを読む

万世一系であり万世男系ではない

日本における皇位継承は一系継承:「万世一系」であり「万世男系」ではありません。
男系で繋がればよいという継承方法ではない点が男系派に限らず主要メディア、論壇でも理解出来ていない様子で、これが皇位継承議論が本筋からズレて深まらない原因になっているものと捉えます。 ... 続きを読む

尊皇の本質は尊“皇統”

皇位皇統、天皇を論ずるにおいて注意をしなければならない重要かつ基本的な認識、姿勢として、尊“皇統”と尊“時の天皇(一家)”の相違認識、区別があります。

平時においては「皇統≒時の天皇」と同一的に捉えられることも多く、そうした意味で「承詔必謹」など時の天皇、その意図・言を重んじる考えも残されています。 ... 続きを読む

皇位は預かりもの 君民共治

日本の天皇存在、皇位継承を理解する上で重要な視点を挙げるとすれば、それは「皇位は預かりもの」「君民共治」という捉え、概念です。
皇位は天皇一家の私物、家督、相続物とは異なるものです。 ... 続きを読む