国連、外国人の女性天皇質問に際しての応答例

日本の天皇、皇位継承において女性が天皇になれないのはなぜ、どのような意味があってなのですか?
と外国人や国連関連等から尋ねられた際に、日本人の一人としてどう答えますでしょうか。

色いろな対応の仕方があると思いますが、一つの対応例が以下となります。

A まずは「質問の前提」を整理願います。
どの意味合いで、どういう基本認識に基づいての質問か。
そうした「質問の前提」によって答え方も違ってくるものですので。
(応答するか否かも含め)

Q-1 西欧の王室の場合、過去に王統の断絶があり国王が公開処刑されたりした歴史がありますが、この理由をいかがお考えですか。
また日本の皇室、天皇においては皇統の断絶がなく、天皇が国民に処刑された歴史はありませんが、西欧の王室・国王と日本の天皇の在り方の相違をどう考えますか。
そして王皇の国民処刑における相違と王位皇位の継承方法の相違がどのように関係しているか、皇統の断絶・天皇処刑のなかった日本の西欧と異なる知恵・長所と皇位継承の繋がりをどのように捉えていますか。

Q-2 日本の皇位継承、一系継承においては天皇の娘が皇位を継げないだけでなく、天皇の長男・一人息子でも一生(100歳まで生きても、150歳まで生きても)皇位を継げない場合があります。
これはどういう場合でしょうか。
(皇位継承制度の理念・趣旨に基づくもので、個別の属人的事情に伴う皇室典範3条:いわゆる廃太子条項による例とは別の場合です)

A 上記の点に関する基本認識も含めて、「質問の前提」を整理しまとめて提示いただいた上であらためてお尋ねください。

上記の「質問の前提」の整理の求めに対して、真摯に取り組みまとめを提示してきた相手とは、立場や考え方の相違があったとしても有意義な議論が出来るのではないかと考えます。
相手の質問自体が変わる可能性もあるでしょう。

この問題は、男系を父系と言い換えればよいというようなものではありません。
そもそもの王皇の在り方、王統皇統の断絶のあるや否や、各国の文化の相違等の総合的な観点から論じられるべきものであり、断絶のなかった国の歴史・在り様をいかにリスペクトしてその知恵を探ったか、議論の前提、姿勢により議論の有意義度が大きく変わってくる問題となります。

* * *

A
天皇の長男でも天皇になれない妊娠時崩御 家督・相続物でない証左

王位皇位の世襲方法分類、皇室典範の意味・高度さに関しては、図表も含めたスライド動画説明を Youtube に登録しました。
ぜひご覧いただきたく。

小中学生のための天皇・皇位継承論  1 前半
・小中学生への期待 裸の王様を言うのは子供
・基本と応用、基本が大切
・基本1 王位・皇位の世襲方法分類 直系継承/一系継承
・基本2 王皇制の危険性・リスク 王統断絶・国王処刑・恐怖政治
・基本を踏まえての日本の皇位継承
・皇位は預かりもの 皇位の私物化は許されない 君民共治 シラス

小中学生のための天皇・皇位継承論 1 後半
・継体天皇 手白香皇女
・推古天皇 蘇我馬子
・光格天皇 後桜町天皇
・明治の皇室典範 高度な昇華
・憲法1条 象徴 国民の総意に基く
・憲法2条 世襲 皇室典範
・旧宮家子孫から皇籍に組み入れ・宮家設立

 

コメントを残す

Please comment in Japanese.
Email address will not be published.